老犬の年齢は10歳から。大切な家族を守れる人気サプリメント

犬康食ワンプレミアム
≪あなたの愛犬はシニア犬ですか?≫

犬の寿命は、種類によって異なりますが約10~15年だと言われています。私たち人間に比べるととても短い生涯です。犬の年齢は人間に例えると6歳で約40歳、9歳で約50歳、11歳で約60歳です。あなたは今、愛犬をシニア犬だとしっかり認識できていますか?

Pocket

【評判】ペットシアの犬用サプリメントが愛される3つの理由

パピヨン
【ペットシアの犬用サプリメントが愛される3つの理由】

犬を飼っていると誰しもが悩むことは、口臭や体臭などの犬独特の臭いだと思います。皆さんは愛犬の口臭でお悩みではありませんか?口臭の原因は、主に歯周病と腸内環境の2つと言われています。つまり、しっかり歯を磨き、食事に気を配ることが口臭予防につながります。しかし、歯磨きをしたり、食事に気を使ったりすることを、正直、面倒だと考える飼い主さんは少なくありません。なるべく面倒なことを避けて、なおかつ口臭は防ぎたいという人も多いのではないかと思います。その矛盾を解決してくれるのがサプリメントです。

Pocket

犬のよくある病気&症状⑨【脱毛症】

犬の雑貨

犬のよくある病気⑨【脱毛症】

「愛犬の毛がよく抜けて困るな」なんて話はよくあることですが、実は病気で毛が抜ける場合があるとご存知でしたか?よく毛が抜ける犬種だとわかりにくいのですが、プードルやシーズー、ヨークシャー・テリア、マルチーズなど一般的に換毛の少ない犬種で、よく毛が抜けることがあると脱毛症の可能性があります。その他の症状には、皮膚が赤くなる、毛並みが悪い、皮膚が黒ずむ、かゆがるなどがあります。

Pocket

犬のよくある病気&症状⑧【乳腺腫瘍】

犬の雑貨

犬のよくある病気⑧【乳腺腫瘍】

愛犬とスキンシップをとっているとき、お腹を撫でる飼い主さんも多いかと思います。その時に「お腹にシコリがあるな」なんて思ったことはありませんか?もしかしたら、それは乳腺腫瘍の可能性があります。乳腺腫瘍になる犬の多くは、メスの老犬です。思い当たる節があるなと思ったら、最悪の場合、命に関わる危険性がありますので、すぐに動物病院で検査することをおすすめします。

Pocket

犬のよくある病気&症状⑦【外耳炎】

犬の雑貨

犬のよくある病気⑦【外耳炎】

最近、愛犬がよく耳を振ったり、耳をしきりに掻いたりしませんか?もしくは、耳がやけに臭うなんて症状はありませんか?こうった症状が見られる場合、外耳炎の可能性があります。命に関わる病気ではありませんが、治療をしても慢性化、再発する恐れがあるので、普段の生活から見直す必要があります。

Pocket

犬のよくある病気&症状⑥【膝蓋骨脱臼】

犬の雑貨

犬のよくある病気⑥【膝蓋骨脱臼】

最近、愛犬の歩き方がおかしいと思うことはありませんか?また、脚を触ったら嫌がったり、鳴いたりすることはありませんか?もしかしたら膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)の可能性があります。この病気は、トイ・プードル、チワワ、ヨークシャー・テリア、ポメラニアン、マルチーズなどの小型犬によく見られ、最悪の場合、骨が変形してしまい歩けなくなってしまう恐れがあります。

Pocket

犬のよくある病気&症状⑤【腎不全】

犬の雑貨

犬のよくある病気⑤【腎不全】

最近、愛犬がいつもよりもお水を飲んでいたりしませんか?また、トイレの回数がいつも以上の多かったり、逆に少なかったりしていませんか?もしその症状が見られるならば、腎不全の可能性があります。他にも、食欲不振や嘔吐、痩せてきたなどの症状がみられる場合も腎不全の疑いがあります。症状が現れにくい病気の1つで、最悪の場合は命の危険があります。老犬になるとよく現れる病気で、愛犬の為にも、ここでしっかりと学び、健康管理に役立てて頂ければと思います。

Pocket