ドッグフード種類別の利用率ランキング(25年度)

トイプードルの眼差し

ドッグフード種類別の利用率ランキング(25年度)

 

【ドライドッグフードが人気第1位!】

ペットフード協会が行った平成25年度飼育実態調査による「主食におけるフードタイプ別利用比率」を調べてみました。(ペットフード協会

第1位 ドライドッグフード
第2位 ウェットフード
第3位 セミモイスト・ソフトドライ
第4位 手作りドッグフード
第5位以下 その他

※その他(人間と同じもの、ご飯の残り、療法食、その他)

 

結果を見ると、圧倒的にドライドッグフードを主食として利用している方がほとんどです。その割合は実に90%以上となり2位を大きく突き放しています。それ以下は、ウェットフードの利用者は、約34%。ソフトドライ&セミモイストの利用者は、約20%。手作りドッグフードの利用者は、約20%となりますが、ほとんどが主食としてではなく、間食やおやつとして利用していると考えられます。また、ドッグフードの購入実態も発表されていて、ドライフードに関しては、ホームセンター・ディスカウントストアで購入する人がほとんどです。しかし注目する点としては、ついで2位となっている「インターネット」での購入で、ペットショップ、スーパー、ドラッグストアを抜いています。

このことから、ドライフードが人気を集めていて、インターネットで購入している人が増えているのが世論の実態となっています。この背景には、インターネットの普及もありますが、インターネットでしか買えないドッグフードも増えていることも要因の1つです。例えば、ほとんどの無添加ドッグフードは、ホームセンターでは買えず、ネットのみの販売を行っている企業も多いです。また、海外から輸入されるドッグフードも数多くあります。また、ドライフードはまとめて買う方も多いので、店頭で買うよりも宅配で届くインターネットを利用する方が便利ということもあります。

そんなインターネットでしか買うことの出来ない無添加ドッグフードは、今では愛犬の健康を考える上で欠かせないものとして、口コミで評判となり、愛犬家の間では人気を集めています。店頭の情報よりもHPの情報の方が多く、成分の詳細まで記載されているので、安心して買うことが出来ます。獣医さんがおすすめするドッグフードは、ほとんどが無添加ドッグフードでインターネットでしか売っていないものもあります。また、自宅まで届けてくれるので、持ち運ぶ手間がないのも人気の秘密です。まだ、インターネットでドッグフードを購入したことがない方がいらっしゃったら、是非検討することをおすすめしたいと思います。

 

イギリス産『ナチュラルドッグフード』
(⇒安全・安心100%無添加☆今なら、最大20%OFF!!)

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』
(⇒穀物不使用、こだわりの厳選食材☆今なら、最大20%OFF!!)

安心、安全『FINEPET’Sペットフード』
(⇒リピート率9割超☆初回お試しフード-今なら1kg 540円―)

生物学的に適正なペットフード【オリジン】
(⇒ペットフードオブザイヤー3年連続受賞!)




Pocket