ドッグフードは種類が多くて迷う。おすすめは?評判は?

 

ロングコートチワワ
【ドッグフードの種類・タイプ】

最近では、ドッグフードの種類が多すぎて、どれがいいのか迷った経験はありませんか?犬のサイズや犬種、病気、アレルギーなどによって分かれるので、種類が多く、正直どれを選ぶことがベストなのか飼い主さんには頭が痛いところです。そこで、おおまかにドッグフードの種類を記載しましたので、参考にしてください。

≪タイプ別≫
ドライ・セミモイスト・ソフトドライ・ウェット

≪成長別≫
幼犬・成犬・老犬

≪犬種別≫
トイプードル・チワワ・柴犬・ミニチュアダックスなど

≪病気別≫
皮膚病・肥満・アレルギー・下痢など

 

大きく分けると上記のとおりです。まずはタイプ別と成長別から愛犬にあったドッグフードを選びます。タイプでは、ドライフードは栄養総合食なので、主食として与えることが適切です。他のタイプは、モノによって、栄養が足りなかったり、偏ったりするので、おやつやしつけで与えることが適切です。

成長別は、人間と同じく、年齢によって、摂取する栄養分が異なるので、年齢に合ったドッグフードを選ぶ必要があります。

さらに、ダイエット用、病気用、健康サポート用、犬種別用など、分けるときりがないほど種類がたくさんあります。他にも、おやつ、栄養補助食品(サプリメント)なども入れると、かなりの種類が多くなりそうです。

調査データや口コミなどからは、やはりドライフードを使っている飼い主さんが多く見受けられます。ウェットフードなどは、特別なときのご褒美としてあげている飼い主さんも多いようです。おやつは比較的こだわりがないように見えますが、アレルギーなどの健康に関しては皆さん気を使っているようです。

しかし、あくまでも「愛犬にあったものを選ぶことがとても大切なのだ」と飼い主さんは感じているようです。また、通っている獣医さんのおすすめドッグフードを使っている飼い主さんも多く見受けられます。

でもやっぱり飼い主さんにしかわからない愛犬のことですから、愛犬にあったドッグフードを飼い主さん自身がしっかりと責任を持って選んでほしいと思います。

最近では科学の進歩によって、今までにはない犬の健康にこだわったドッグフードがたくさん出てきました。特に質にこだわった無添加ドッグフードは多く商品化されています。決まったドッグフードを与えることはとても大切ですが、日々進化しているドッグフードに目を配ることも、愛犬の健康を考える上でとても大切です。

この機会に、愛犬にあったドッグフードを再度考えてみてはいかがですか?

 

【関連リンク】
イギリス産『ナチュラルドッグフード』
(⇒安全・安心100%無添加☆今なら、最大20%OFF!!)

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』
(⇒穀物不使用、こだわりの厳選食材☆今なら、最大20%OFF!!)

安心、安全『FINEPET’Sペットフード』
(⇒リピート率9割超☆初回お試しフード-今なら1kg 540円―)

生物学的に適正なペットフード【オリジン】
(⇒ペットフードオブザイヤー3年連続受賞!)

Pocket