セミモイストとソフトドライの違いは常識です。その違いとは?

犬の眼差し

セミモイスト&ソフトドライの違い

ドッグフードと言えば、ドライフードを想像しますが、最近ではセミモイストやソフトドライ、ウェットフードなど種類が増えました。その中でもセミモイストとソフトドライはほとんど同じように感じる人も多いのではないかと思います。私もその1人ですw。ということで、2種類の違いについて調べてみましたので、参考にして頂けると幸いです。(ペットフード協会調べ

・セミモイスト

製品水分25~35%のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないものです。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。(ペットフード協会より引用)

 

・ソフトドライ

製品水分25~35%程度のフードで、加熱発泡処理されています。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。(ペットフード協会より引用)

 

セミモイストとソフトドライは水分量はほとんど同じで、どちらとも加熱加工処理をしていて、乾燥させず冷却のみを行っています。一見違いがないように見えます。ソフトドライはドライフードと同じように発泡成型しているけど、乾燥はさせずに冷却のみで作られています。一方、セミモイストは発泡せず成型をするという点が違います。簡単に言うと、ほとんど一緒だけど、作り方が若干異なるということです

飼い主からしたらほとんど変わりがないように感じますw。ただ、ドライフードとウェットフードの中間にあるドッグフードとしては存在が大きいと思います。ドライよりも嗜好性は高く、ウェットよりは低い。開封後の品質保持はドライよりも短いが、ウェットよりも長い。使い勝手がとても良いドッグフードと言えます

また、健康を考える上でも注意点があります。水分保持の為、湿潤調整剤を使っていますが、犬にとっては添加物は良くないとされていますし、カロリーが高いので過剰摂取は肥満の原因ともなります。

ドッグフードそれぞれの使用目的をしっかりと理解して、バランス良く与えることが愛犬の健康にとって、とても大切だと思います。セミモイストやソフトドライしか食べないからと言って、総合栄養食を与えていないと、返って体調を崩す恐れもあります。しっかりそのドッグフードにあった使い方を確認して、愛犬の健康をしっかりと考えて食事を与えることがとても重要です。

 

【関連リンク】

イギリス産『ナチュラルドッグフード』
(⇒安全・安心100%無添加☆今なら、最大20%OFF!!)

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』
(⇒穀物不使用、こだわりの厳選食材☆今なら、最大20%OFF!!)

安心、安全『FINEPET’Sペットフード』
(⇒リピート率9割超☆初回お試しフード-今なら1kg 540円―)

生物学的に適正なペットフード【オリジン】
(⇒ペットフードオブザイヤー3年連続受賞!)




Pocket