犬のよくある病気&症状⑨【脱毛症】

犬の雑貨

犬のよくある病気⑨【脱毛症】

「愛犬の毛がよく抜けて困るな」なんて話はよくあることですが、実は病気で毛が抜ける場合があるとご存知でしたか?よく毛が抜ける犬種だとわかりにくいのですが、プードルやシーズー、ヨークシャー・テリア、マルチーズなど一般的に換毛の少ない犬種で、よく毛が抜けることがあると脱毛症の可能性があります。その他の症状には、皮膚が赤くなる、毛並みが悪い、皮膚が黒ずむ、かゆがるなどがあります。

脱毛症は、アトピー性皮膚炎、ノミやダニなどの寄生虫による皮膚炎、カビや細菌などの感染症、ホルモン異常、遺伝的要因など、その原因は様々です(⇒参照:犬の脱毛症)。もし、脱毛症の症状が疑われる場合は原因を特定し、それに応じた治療が必要になりますので、動物病院で診察することをおすすめします。

原因の特定が難しい脱毛症は、これといった予防方法がありません。強いて挙げるならば、衛生的・健康的な生活を心掛けることです。例えば皮膚炎の多くは、ノミやダニ、ハウスダスト、カビなどのアレルギーになりえる物質との接触が多い環境だとなりやすいと指摘されています。つまり、日頃から家の掃除をしっかりとやることがとても大切ですし、散歩をする際には害虫の多い草むらや野山を避けることが予防につながります。

また、愛犬に合った食事を与えることも、とても大切です。人間と同じくアレルギーを持っている犬は、ドッグフードの成分によって体調も左右されます。ドッグフードを食べなくて困ると感じている飼い主さんは、もしかしたら好き嫌いで食べないのではなく、アレルギーによって避けている場合も考えられます。しっかりと愛犬を日頃から観察してあげて、ドッグフードも選んであげてください。

 

【食事を見直すのであれば参考にしてください☆】

イギリス産『ナチュラルドッグフード』
(⇒安全・安心100%無添加☆今なら、最大20%OFF!!)

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』
(⇒穀物不使用、こだわりの厳選食材☆今なら、最大20%OFF!!)

安心、安全『FINEPET’Sペットフード』
(⇒リピート率9割超☆初回お試しフード-今なら1kg 540円―)

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『ネルソンズ』
(⇒トップブリーダーが開発した安心ドッグフード!)

Pocket