犬のよくある病気&症状①【アレルギー性皮膚炎】

犬の雑貨

犬のよくある病気①【アレルギー性皮膚炎】

皮膚病の中でも、1番多い病気と言われているのが、アレルギー性皮膚炎です。症状としては、体中の皮膚が赤くなり、かゆくなるので、「舐める」「ひっかく」などの特徴があります

原因として、ハウスダストによるダニが1番多いようで、植物やノミが次いで多いようです。飼い主さんがよく気にする食物アレルギーは全体の1、2割と低い数値となっていますが、原因が1つではなく、複数の要因が絡み合って皮膚炎となる場合が多くみられます。

獣医さんのお話では、「治る病気ではなく、生涯うまく付き合っていく病気」だと飼い主さんに認識をもってほしいそうです。ほとんどが生まれ持った遺伝や体質に原因があるので、治すことは難しいようです。

つまりは、薬による治療を頼るのではなくて、普段の生活から愛犬に気を使ってあげることが治療となります。ハウスダストは普段から部屋を清潔に保っていれば防げますし、ノミとりも市販でペットグッズが販売されています。薬で一時的には収まるそうですが、普段の生活が変わらない限り、再発する可能性もあります。多くの原因はダニや植物、ノミなので、普段の生活を気をつけることが治療につながると思います。

食物アレルギーは獣医さんによると、比較的少ないそうです。疑いがある場合は、薬(ステロイド)が効かない場合、下痢が薬で治まらない場合があるそうです。そういった場合は、普段の食事を見直す必要があります。ドッグフードの質、量などを適切に考慮して、愛犬にあった食事を考えましょう。

 

【関連リンク】
イギリス産『ナチュラルドッグフード』
(⇒安全・安心100%無添加☆今なら、最大20%OFF!!)

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』
(⇒穀物不使用、こだわりの厳選食材☆今なら、最大20%OFF!!)

安心、安全『FINEPET’Sペットフード』
(⇒リピート率9割超☆初回お試しフード-今なら1kg 540円―)

イギリス最高級のグレインフリードッグフード『ネルソンズ』
(⇒トップブリーダーが開発した安心ドッグフード!)

生物学的に適正なペットフード【オリジン】
(⇒ペットフードオブザイヤー3年連続受賞!)

Pocket